診療内容

  1. はやしファミリークリニック
  2. 診療内容
  3. 睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群(Sleep apnea syndrome: SAS)とは、寝ている間に呼吸(口や鼻の空気の流れ)が10秒以上停止する状態です。
多くの場合は、大きないびきや日中の眠気を訴え、受診されます。

夜間に何度も目が覚める、スッキリと起きられない、息が苦しくなる夢を見るなどの症状も、睡眠時無呼吸症候群によるものかもしれません。

また、起きた時に体がむくんでいる、気分が沈む、性機能障害や不眠など、さまざまな症状があります。

こんな症状や病気はありませんか?


  • 大きないびき

  • 日中の眠気

  • 熟睡感がない

  • 様々な生活習慣病

睡眠時無呼吸症候群では、昼間に眠気があるだけでなく、夜間に長時間の酸欠状態があるために身体や脳に負担がかかります。そのため、高血圧を引き起こしたり、動脈硬化が進行して心筋梗塞や脳梗塞を引き起こしたり、糖尿病が悪化しやすくなったりします。

もしかしたら「睡眠時無呼吸症候群かも…」という方のために、当院では問診・簡易検査でのスクリーニングと、適切な治療の導入を行っています。

問診の結果、検査が必要な場合は、ご自宅で手の指や鼻の下にセンサーをつけるだけで、いびきや無呼吸を調べられる「簡易検査(保険適用)」ができます。
また睡眠時無呼吸症候群の治療法の一つであるCPAP(シーパップ)や在宅酸素HOT(ホット)も行っています。

3割負担の方の検査費用の一例

簡易PSG検査 自己負担 約3,000円

※初診料・再診料の他、別の検査をあわせ行う場合などは状況に応じて別途費用がかかります。(詳しくは医師にお尋ねください)

参考サイト

採用情報

はやしファミリークリニックでは、一緒に働く仲間を募集しています。

  • 看護師
  • 医療事務
  • 診療放射線技師